宮地弘太郎オフィシャルウェブサイト

www.miyachi.net

宮地弘太郎オフィシャルサイト LAB-ラボ

LAB – ラボ

学術論文 | 学会で発表したものや論文の抄録【2014年度以降】 | 短編掲載 | その他 | 学会参加のお知らせ

学術論文

スピンサーブの安定性に関する研究 単著 2005年3月 平成16年体育科学修士学位論文抄録集 日本体育大学修士論文
小学生テニス選手のフィジカルトレーニング効果 共著 2008年3月 日本体育大学研究所雑誌(第31巻-1号) 伊藤雅充 伊藤耕作 岩原文彦 宮地弘太郎 谷口幸
ユニバーシアードチームに関する強化事業報告書 共著 2008年3月 日本テニス協会強化本部ナショナルチーム 道上静香 宮地弘太郎 細木祐子
ユニバーシアードチームに関する強化事業報告書 共著 2009年3月 日本テニス協会強化本部ナショナルチーム 道上静香 宮地弘太郎 細木祐子
ラリーの主導権を握るショットに関する研究~世界トップレベル選手を対象として 単著 2009年3月 関西国際大学研究紀要 第10号 宮地弘太郎(関西国際大学)
テニスのサービスゲームに関する研究 -ユニバーシアード・ベオグラード大会から- 単著 2010年3月 関西国際大学研究紀要 第11号 宮地弘太郎(関西国際大学)
ユニバーシアード・ベオグラード大会における日本男子テニスチームのメダル獲得を目指した取り組みと今後の課題(査読有) 共著 2010年2月 スポーツパフォーマンス研究学会,1014 宮地弘太郎(関西国際大学) 細木祐子(園田学園女子大学) 道上静香(滋賀大学) 高橋仁大(鹿屋体育大学)
日本男子テニス選手の現状と課題~男子大学生テニス選手を対象として~ 単著 2011年3月 関西国際大学研究紀要第12号 宮地弘太郎(関西国際大学)
ユニバーシアードチームに関する強化事業報告書 共著 2011年3月 日本テニス協会強化本部ナショナルチーム 道上静香(滋賀大学) 宮地弘太郎(関西国際大学)
日本の女子学生トップレベルテニス選手の強化策−第25回ユニバーシアード競技大会(2009/ベオグラード)の銅メダル獲得から見えてきたもの−(原著論文) 共著 2011年3月 Vol.19 2011 テニスの科学 第19巻 道上静香(滋賀大学) 細木祐子(園田学園女子大学) 宮地弘太郎(関西国際大学) 高橋仁大(鹿屋体育大学) 村松憲(慶応義塾大学)
日本男子学生テニス選手の強化策についての考察−第26回ユニバーシアード競技大会の強化活動と今後の課題− 共著 2012年3月 関西国際大学研究紀要 第13号 宮地弘太郎(関西国際大学) 道上静香(滋賀大学) 細木祐子(園田学園女子大学) 高橋仁大(鹿屋体育大学)
テニスにおける壁打ちの効果的な練習方法とは 共著 2003年11月 テニスの科学第10巻 有村純太郎 宮地弘太郎
テニスのスピンサーブの安定性に関する研究 共著 2006年3月 テニスの科学第14号 日本体育大学 宮地弘太郎 伊藤雅充 谷口幸
ラリーの主導権を握るためのショットに関する研究 共著 2007年6月 テニスの科学VOL,16,2008/6/26 宮地弘太郎 宮地幸 伊藤雅充 伊藤耕作 日本体育大学大学院 日本体育大学
ラリーの主導権を握るショットに関する研究 其の2 共著 2008年11月 テニスの科学第17巻,2009/6/2 宮地弘太郎(関西国際大学) 伊藤雅充(日本体育大学) 宮地幸(テニスビジョンita)
第25回ユニバーシアード競技大会(2009/ベオグラード)における女子テニスチームの取り組み-メダル獲得までの道のりと今後の課 共著 2009年12月 テニスの科学第18巻 道上静香(滋賀大学) 宮地弘太郎(関西国際大学) 細木祐子(園田学園女子大学)
男子大学生テニスプレーヤーの今後の可能性 ~2年間のユニバーシアードチームの強化策~ 共著 2009年12月 テニスの科学第18巻 宮地弘太郎(関西国際大学) 細木祐子(園田学園女子大学) 道上静香(滋賀大学) 高橋仁大(鹿屋体育大学)
ラリーの主導権を握るショットに関する研究-其の3- 共著 2010年12月 Vol.19 2011 テニスの科学第19巻 宮地弘太郎(関西国際大学) 道上静香(滋賀大学) 細木祐子(園田学園女子大学) 伊藤雅充(日本体育大学) 堀内昌一(亜細亜大学)
ラリーの主導権を握るショットに関する研究 其の1〜3 共著 2011年12月 テニスの科学第20巻 宮地弘太郎(関西国際大学) 道上静香(滋賀大学) 細木祐子(園田学園女子大学) 伊藤雅充(日本体育大学) 堀内昌一(亜細亜大学)
第26回ユニバーシアード競技大会(2011/深圳)における日本テニスチームの取り組み−金メダル獲得までの道のりと課題− 共著 2011年12月 テニスの科学第20巻 道上静香(滋賀大学) 細木祐子(園田学園女子大学) 宮地弘太郎(関西国際大学)
本学テニス員に対する練習方法についての検討 共著 2013年3月 テニスの科学第21巻 宮地弘太郎(関西国際大学) 道上静香(滋賀大学) 細木祐子(園田学園女子大学)
レギュラー群ノンレギュラー群における体力に関する研究 単著 2013年3月 兵庫スポーツ科学学会 第21号 宮地弘太郎(関西国際大学)
本学テニス部員に対するトレーニングプログラムについての検討 単著 2013年3月 関西国際大学研究紀要 第14号 宮地弘太郎(関西国際大学)

学会で発表したものや論文の抄録【2014年度以降】

[ 2017年3月26日 ] 大阪体育大学研究紀要2017 2017年 3月 第28回日本コーチング学会@早稲田大学 ポスター発表
[ 2016年9月30日 ] 大阪体育大学研究紀要 2015
[ 2016年9月30日 ] 日本体育学会@大体大
[ 2016年9月30日 ] 日本テニス学会@岩手大学
[ 2015年12月26日 ] 櫂2014.櫂2015
[ 2015年12月6日 ] 第27回日本テニス学会 鹿屋体育大学
[ 2015年12月6日 ] 日本テニス学会 鹿屋体育大学
[ 2015年10月13日 ] コートサーフェイス別における女子プロテニス選手のシングルスゲーム分析-砂入り人工芝コートとハードコートのプレーに着目して-
[ 2015年7月26日 ] -論文- 第26回日本テニス学会& 大阪体育大学研究紀要

短編掲載

相手を揺さぶるトップスピンマスター 単著 2005年6月 テニスマガジン,株式会社ベースボールマガジン社 宮地弘太郎
私の履歴書 単著 2005年8月 テニスマガジン,株式会社ベースボールマガジン社 宮地弘太郎
勝ちたいなら、リターンを磨け 単著 2005年10月 スマッシュ,日本スポーツ企画出版社 宮地弘太郎
ユニバーシアードイズミル大会報告 単著 2005年11月 テニスマガジン,株式会社ベースボールマガジン社 宮地弘太郎
つなぐと決めるを打ち分けて勝つ 単著 2006年4月 T.Tennis ,学研研究社 宮地弘太郎
入れるだけじゃなく、攻撃的なスピンサーブを打て 単著 2006年5月 T.Tennis ,学研研究社 宮地弘太郎
ジュニアセレクションvol,1-11 単著 2006年5月 スマッシュ,日本スポーツ企画出版社 宮地弘太郎
苦手意識克服マニュアル 単著 2006年5月 テニスマガジン,株式会社ベースボールマガジン社 P50 宮地弘太郎
つなぐと、決めるを完璧マスター 単著 2006年6月 テニスジャーナル,スキージャーナル株式会社 宮地弘太郎
あなたのクセを生かそう 単著 2006年7月 T.Tennis,学研研究社 宮地弘太郎
夏のダブルス必勝マニュアル 単著 2006年7月 T.Tennis,学研研究社 宮地弘太郎
あの一言がなかったら、今の自分はなかった。 単著 2006年8月 テニスジャーナル,スキージャーナル株式会社 宮地弘太郎
リターンダッシュ徹底分析 単著 2006年8月 T.T.tennis ,学研研究社 宮地弘太郎
流れを渡さない攻撃リターン 単著 2006年9月 T.T.tennis ,学研研究社 宮地弘太郎
サービスリターンの疑問をすっきり解消 単著 2006年10月 T.T.tennis ,学研研究社 宮地弘太郎
スピンサーブは、左肩を開かないで打つ 単著 2006年11月 スマッシュ,日本スポーツ企画出版社 宮地弘太郎(関西国際大学)
ラリーの主導権を握るショットに関する研究(1) 共著 2008年3月 スマッシュ,日本スポーツ企画出版社 宮地弘太郎
ラリーの主導権を握るショットに関する研究(2) 共著 2008年4月 スマッシュ,日本スポーツ企画出版社 宮地弘太郎
ラリーの主導権を握るショットに関する研究(最終回) 共著 2008年5月 スマッシュ,日本スポーツ企画出版社 宮地弘太郎
万能トップスピン 共著 2009年4月 T.Tennis,学研研究社 宮地弘太郎
ユニバーシアード特集 単著 2009年11月 スマッシュ,日本スポーツ企画出版社 宮地弘太郎
壁打ち上達マニュアル 単著 2010年2月 スマッシュ,日本スポーツ企画出版社 有村純太郎 宮地弘太郎

その他 (ポスター発表,シンポジスト)

スピンサーブの安定性に関する研究 単著 2005年6月 日本テニス学会(ポスター発表/学会賞獲得) (共同研究者 日本体育大学 宮地弘太郎,伊藤雅充、谷口幸)
ラリーの主導権を握るショットに関する研究 単著 2005年8月 日本テニス学会(ポスター発表) (共同研究者 宮地弘太郎,宮地幸,伊藤雅充,伊藤耕作,日本体育大学大学院,日本体育大学)
ラリーの主導権を握るショットに関する研究 其の2 共同 2005年10月 日本テニス学会(ポスター発表) (宮地弘太郎(関西国際大学),伊藤雅充(日本体育大学),宮地幸(テニスビジョンita))
テニスのサービスゲームに関する研究 ~ユニバーシアード・ベオグラード大会~ 単著 2005年11月 日本テニス学会@明治大学口頭発表 宮地弘太郎(関西国際大学)
本学テニス部員に対する練習方法の検討 単著 2006年4月 日本テニス学会 島根大学(ポスター発表) 宮地弘太郎(関西国際大学)道上静香(滋賀大学)細木祐子(園田学園女子大学)
第25回ユニバーシアード競技大会(2009/ベオグラード)における女子テニスチームの取り組み-メダル獲得までの道のりと今後の課題 共同 2006年5月 日本テニス学会(ポスター発表) 発表者 ○道上静香(滋賀大学),細木祐子(園田学園女子大学),宮地弘太郎(関西国際大学)
男子大学生テニスプレーヤーの今後の可能性 〜2年間の強化策〜 共同 2006年5月 日本テニス学会(ポスター発表) 宮地弘太郎(関西国際大学),細木祐子(園田学園女子大学),道上静香(滋賀大学)高橋仁大(鹿屋体育大学)
男子テニス選手のサービスポジションに関する調査研究 共同 2006年5月 日本テニス学会(ポスター発表) 発表者○西村覚(島根大学)、宮地弘太郎(関西国際大学)、岩月猛泰(日本大学)
テニスコーチの資質に関して 単独 2006年6月 日本テニス学会(シンポジスト) 宮地弘太郎(関西国際大学)
ラリーの主導権を握るショットに関する研究 -其の3- 共同 2006年7月 日本テニス学会(ポスター発表) 発表者 宮地弘太郎(関西国際大学),道上静香(滋賀大学),細木祐子(園田学園女子大学),伊藤雅充(日本体育大学),堀内昌一(亜細亜大学)
男子テニス選手のサービスポジションに関する調査研究 共同 2006年7月 日本テニス学会@明治大学口頭発表 発表者 西村覚(島根大学)、宮地弘太郎(関西国際大学)、岩月猛泰(日本大学)
ラリーの主導権を握るショットに関する研究−其の1〜3 共同 2006年8月 日本テニス学会(ポスター発表) 宮地弘太郎(関西国際大学),道上静香(滋賀大学),細木祐子(園田学園女子大学),伊藤雅充(日本体育大学),堀内昌一(亜細亜大学))
第26回ユニバーシアード競技大会(2011/深圳)における日本テニスチームの取り組み−金メダル獲得までの道のりと課題− 共同 2006年8月 日本テニス学会(ポスター発表) 道上静香(滋賀大学),細木祐子(園田学園女子大学),宮地弘太郎(関西国際大学)
日本のテニスを世界へ 単著 2006年9月 日本テニス学会(シンポジスト) 宮地弘太郎(関西国際大学)
ユニバーシアード競技大会2009ベオグラードにおける男子テニスチームのメダル獲得を目指した取り組みと今後の課題 共同 2006年10月 スポーツパフォーマンス研究学会 宮地弘太郎(関西国際大学),細木祐子(園田学園女子大学),道上静香(滋賀大学)高橋仁大(鹿屋体育大学)
レギュラー群 ノンレギュラー群における体力に関する研究−本学テニス部員を事例に− 単著 2006年11月 兵庫スポーツ科学学会 ポスター発表 宮地弘太郎(関西国際大学)

学会参加のお知らせ