宮地弘太郎オフィシャルウェブサイト

www.miyachi.net

宮地弘太郎

PROFILE – プロフィール

名 前 宮地 弘太郎 [ Koutaro Miyachi ]
生年月日 1974年2月18日生まれ
学 歴 柳川高校卒業
亜細亜大学法学部卒業
日本体育大学大学院体育科学研究科 修了 修士(体育学)
専門領域 テニス、コーチング学、ゲーム分析
研究テーマ ゲーム分析を用いたテニス選手のパフォーマンス向上に関する研究
コーチング学に関する質的研究
効果的なプログラム開発
所属学会 日本体育学会
日本テニス学会
コーチング学会
職 歴
1996年4月 ~ 1998年3月
:豊田自動織機製作所
2000年4月 ~ 2002年3月
:三基商事株式会社
2004年8月 ~ 2005年3月
:学校法人濱名学院 関西国際大学 客員講師
2005年4月 ~ 2006年3月
:同学院 関西国際大学人間科学部特任講師
2006年4月 ~ 2014年3月
:同学院 関西国際大学人間科学部専任講師
2014年4月 ~
:浪商学園 大阪体育大学体育学部准教授

現在に至る

資 格 日本テニス協会公認S級
指導歴
サントピアテニスパーク
:アドバイザリー
テニスビジョンインターナショナル
:コーチ
関西国際大学 男子硬式テニス部
:監督
大阪体育大学 男子硬式テニス部
:監督

現在に至る

競技歴 小学生ベスト4、全国中学生ベスト4、ワールドユースカップ(現ジュニアデ杯)代表、アジア大会準優勝、世界大会第15位、ナンバー2で出場のちのatpランク1位のマルセロ リオスに勝利。
高校時代は名門柳川高校に進学。
インターハイシングルスベスト8、ダブルスベスト4、団体準優勝、高校選抜優勝、共にシングルス2として出場。全日本選抜室内シングルス優勝 全日本ジュニアU18ダブルス優勝、U16シングルス準優勝。大学は亜細亜大学に進学し、4年間でインカレシングルス優勝2回、準優勝1回。大学4年時には、全日本選手権で準優勝、全日本室内準優勝(共にシングルス)ナショナルチームに在籍。ユニバーシアード競技大会では 福岡大会でシングルス銅メダル獲得。
世界大会15位。シングルス2で出場。このときのちのATPランク1位のマルセロリオスに勝利。
このとき、金メダルは韓国のユンヨンイル。銀メダルはのちにツアーでトップ50のリーヒュンティク。のちにATPトップ50にはいったボールゴールスタイン(UCLAチャンピオン)に勝利する。
大学在学中にジャパンオープンテニス(現楽天オープン)でベスト16。このときの優勝はアンドレアガシ、準優勝はピートサンプラス。
大学卒業後は、プロ転向。’99全日本選手権シングルス準優勝、全豪オープンで予選ファイナルに進出。


世界ランキング303位、日本ランキング3位(自己最高)、ナショナルチーム在籍。

ナショナルチーム強化活動歴
2004年~
:日本テニス協会ナショナルチーム ユニバーシアード監督
2005年
:イズミル大会男子コーチ
2009年
:ベオグラード大会男子監督
2011年
:シンセン大会男子監督
2013年
:カザン大会男子監督

2015年
:光州大会男子監督

現在に至る